ハイバリアーペットボトルで利用拡大

重宝される食品包装用容器としてのペットボトルにも課題がありました。特にアルコール類では、ビールのように二酸化炭素を保持する必要があるとか、ワインのような香気成分を逃がしたくない、高級感が今一つ出せないといった事情もあり、従来のペットボトルではその利用が限られていました。

それが各種製造技術の開発で、いまではビールやワイン、調味料といった分野への活用が増加していると言われています。

これらのペットボトルを特に「ハイバリアーペットボトル」と呼ばれ、軽量化改良と合わせ液体食品容器、例えば麺つゆやすき焼きだれ用に、また飛行機内で出されるワインや清酒と、その利用を拡大させています。

ハイバリアーペットボトルの製造技術として、製造時バリアーナイロンと言われる素材と一緒に押出したり、GL-Cボトルと呼ばれる内面にシリカ(二酸化ケイ素)を蒸着させたり、DLCボトルのように結晶炭素(ダイヤモンド等)をボトル内面に生成して内面をコーティングしたりと、いろいろな技術が生み出されたおかげでそのバリアー性は一気に改善されたと言われています。

包装の始まり

食品を買う時には必ずパッケージがされています。長芋にもじゃがいもにもお肉にも、パッケージはされています。「フクロはいりません」と言っても、畑から出荷の段階でパッケージはされています。食品を運ぶ場合、何かに入れて運ぶのは当たり前かと思います。じゃがいもを素手でそのまま畑から持ってくると人もいるかもしれませんが、たくさん運ぶことはできないと思います。保存するものだったり、運ぶものだったり、入れるものだったりとパッケージは必要だと思います。それは木皮籠や藤籠、竹籠というものだったり、壺や樽、ビン、むしろというものもあるかと思います。これらは包装紙の原点と呼んでもいいかと思います。紀元前四〇〇〇年頃に中国で彩陶器というものが登場したそうです。とても美しい器だそうで、当時の人達は食事をするにも器にも凝っていたことがよくわかるそうです。機能美と装飾美とが調和したとても素晴らしいものだそうです。模様も魚の模様がついていたりします。現在でもパッケージというのは売上を左右するそうですが、人間は見た目で決めるところがあるので当たり前かもしれません。日本では「藁苞納豆」というものがあるそうです。東北地方で発明されたそうで、現在でも藁苞納豆を売っていたりしていると思います。包装という字を見てみると、包むと装うという漢字が使われています。このことからパッケージは日本は包むというのが主流だったということが判るかと思います。欧米は「詰める」という方がしっくりするそうです。瓶詰め、缶詰というようなものを好んでいるような気がします。包装、パッケージというのは、その時代を代表する文化のバロメーターと呼べるという人もいるそうです。

社会的弱者に対して優しい包装

社会的弱者というのは、健常者と異なり、社会生活を営む上で多くの障害があります。乳幼児、妊産婦、心身障害者、高齢者、病者などが社会的弱者の対象となります。日常生活の中で社会的弱者に配慮した対応が必要です。乳幼児は何でも口に入れてしまうので、安全性の配慮が必要です。妊産婦は、胎児への影響を考えた安全性の配慮が必要です。身体や知的障害者への配慮が必要で、傷病者への配慮も必要です。高齢者は身体や認知障害、嚥下困難者への配慮が必要となります。従来の商品は健常者用に作られることが多かったのですが、福祉国家や高齢社会では、社会的弱者の生きがいやアメニティを考えることが大切です。一般生活者と同じ商品やサービスが求められるバリアフリー商品というものがあり、そのための包装が求められます。社会的弱者である障害者や高齢者などが、健常者と同じような生活ができるように障壁を取り払わないといけません。共生する思想がバリアフリーの考え方となります。日本工業規格では、バリアフリー包装は、身体の機能の一部が不自由な人にとってバリアーとならないように配慮された包装と定義されています。障害の種類や程度などにより異なります。乳幼児は、食品と同じレベルの安全で飲み込みやすく、のどにつまらない大きさにすること。医薬品のチャイルドジレスタント容器など。妊産婦に対しては、胎児への影響を考えた授乳婦用粉乳の安全性の確保と、持ちやすいミニサイズ容器などです。障害者や病者は、咀嚼、嚥下の困難な障害者には、介護食が必要ですし、病状に合わせた食品が必要となります。高齢者は、情報面と動作面の配慮が必要です。使用後のリサイクル性などが要求されます。

包装はいつからあるのでしょうか

包装で、食品は品質の保持ができるようになりました。微生物制御をするわけですが、その際、食品の品質や安全性を犠牲になってはいけません。高温で長時間の殺菌や過剰な添加物の利用となると、本末転倒です。食品の品質を保持する技術と包材、流通条件を望ましい形にするのが大切です。包装形態やデザインも非常に大事ですし、破棄物処理の方も考えていかなければなりません。包装というのは、原始時代からあると思われます。原始時代の包装容器といえば、ひょうたんや椰子の実の殻があります。草木の皮や葉っぱなどで包んだり縛ったりしていたと考えられます。食事は土器で煮炊きをしていました。古代エジプトは、ガラスの器が飲んだり食べたりに使われたいたようです。紀元前1000年頃の古代ギリシャではワインがたくさん作っれたようです。そのワインをアンフォラという両手月の大型のツボに入れて、貯蔵したり輸送をしていました。古代ローマ人は、チーズを食べていたようです。牛乳などを入れるものとして、羊の胃袋や皮袋などが使われていたといいます。古代中国では、紀元前2000年頃から青銅器の時代が始まりました。青銅器は、殷、周、春秋戦国を経て、紀元前3世紀ごろまで続きました。ただ、この時代に作られた青銅器は主に禁令用です。一般には陶磁器が使われていました。施釉陶器である原始磁器が春秋戦国時代に発達したといいます。日本では紀元前3500年頃の縄文時代の貝塚から土器や壺が見つかっています。他にもつるで作った網カゴなども見つかっています。紀元前200〜300年頃には、酒造りが大陸から伝わって、木製の樽や須恵器、陶器、ひょうたんなどが使われました。

微生物による変敗の関係と包装

微生物を食品から除去や活動できないようにするのに、滅菌や殺菌、膜除菌、低温保存、環境ガス制御、水分活性制御、PH調整、保存料添加といった方法を組み合わせて使います。対応策として、おもちには脱酸素剤の封入、味噌にはアルコール添加、ハムは加熱殺菌、無菌化包装といったものです。水分の少ない乾燥食品や、さまざまな品質保持技術を用いて、微生物による変敗の心配がなくなった商品があります。そういった商品は油脂、色素、ビタミン類などの酸化があります。また、還元糖、アミノ酸、レダクトンなどによる褐変などの科学変化があります。変色や異臭の発生が起こることもあり、風味が大幅に低下したりします。こういった品質低下の要因は、空気中の酸素が関与している場合がほとんどです。また、水分も大きな影響があります。油性食品の酸化は、食品に含まれる油脂の種類や金属イオンなどといったもの、また雰囲気の酸素、温湿度、光線などの貯蔵や流通環境の条件があります。酸化を防止するのは、袋内の酸素を減らす方法が効果があります。ハイバリア包材による密着包装、窒素置換包装、脱酸素剤封入包装といったものが行われます。食品、医薬品に含まれる化学成分の酸化や分解は、酸化が光線、特に紫外線によって促進されてしまいます。酸化されやすいものほど、光線の影響を受けるということで、アルミ箔やアルミ蒸着フィルム、紙などの不透明な材料や紫外線防止剤を用いた容器包装が用います。食品というのは、加工、貯蔵中に褐色に変色することがあります。こういった現象のことを褐変と呼びます。褐変反応には、青果物の褐変のような酵素の関与する酵素的褐変と非酵素的褐変があります。

プラスチックを取り巻く状況

皆さんも記憶にも新しい出来事であったのではないかと思われますが、2018年に中国は他国からのプラスチックゴミの受け入れを取りやめたというようなニュースが、世界中を駆け巡りました。日本ではペットボトルをはじめとするプラスチック製品のリサイクル産業が不足していることもあり、2018年に中国が他国からのゴミの受け取りをやめるまで、国内で発生していたプラスチックゴミの約15%ほどを中国に輸出していたと言われています。2018年以降、中国から受け入れを断られたプラスチックゴミは、その後、東南アジア諸国へと流れていったようですが、それまで中国が受け入れを行っていたプラスチックごみが、世界各地から東南アジア諸国に集中するなかで、東南アジア諸国でもプラスチックごみ処理の受け入れがパンクし始めたことを受け、現在、日本国内には諸外国に輸出することができないプラスチックごみが行き場を無くした状態で処分に困っていると言われています。そういった状況を背景にバイオプラスチックの存在は、大きなプラスチック製品の改革にもなり得ると、期待されているところではありますが、蓋を開けてみると実際には完全に全ての「バイオプラスチック」製品が天然素材のバイオマスから作られるプラスチック製品であるとは言い切れないことから、今後のさらなる技術開発が期待されるところでもあります。「バイオプラスチック」の存在を皆さんが認知するとともに、自発的にコンビニやスーパーなどで、食品包装などに使用されているプラスチック素材に興味をもたれることは今後の環境問題のあり方を変える力があるかもしれません。

宇宙と地球でのテイクアウトに関する「ごみ」

宇宙産業開発への実現化に向けて様々な具体的な宇宙ビジネスのイメージが語られはじめております。宇宙旅行などが庶民レベルで気軽に可能となる時代が、すぐそこまで来ているような兆しさえも感じる昨今ではありますが、現在、皆さんが日常生活で使用しているスマートフォンやカーナビに加え、天気予報などの観測システムの向上は宇宙開発の歴史なしには語れないようです。皆さんが暮らしのなかで気軽に利用している、スマートフォンのナビゲーション情報なども、グローバル・ポジショニング・システム(GPS)などと呼ばれる衛生観測システムによって地球上での位置情報を得ることができるようになったのです。皆さんの生活は、すでに思った以上に宇宙との密接な関係製が築かれているかもしれません。世界的な成長産業とも言われている宇宙開発は、皆さんが具体的に関わりを感じていなくとも、もうすでに現代人の生活の一部に組み込まれているようです。いつの日か月面旅行に出かけ、月面レストランで家族の記念日ともなる食事会を企画するような日が訪れるかもしれませんが、地球の自然環境は美しいものとして保持していきたいものですね。昨今、世界的にも問題となっているプラスチックごみ処理問題は、新型の感染症流行を受けて、さらに重大な問題を抱えてもいるようです。

包装のエコとマナー

最近では古風なエコバッグなどとして注目を集めている「風呂敷」ですが、その使い方やマナーを学ぶことで、使い方の用途がぐんと広がりをみせるはずです。市販されている風呂敷には様々な図柄があります。日用品としてスーパーなどの買い物で購入した商品を包装するために使うだけであれば、どんな色、柄であってもお洒落の一環として楽しむことはできますが、冠婚葬祭などお祝いの場やお悔やみの場においては、風呂敷の図柄のもたらす意味や役割、さらには風呂敷の正式な包み方などの知識が求められるでしょう。「松竹梅」などの絵柄の風呂敷は、おめでたい「お祝い事」を表すものですので、病院へのお見舞いや、お葬式へ参列する際には避けましょう。「お悔やみ」の場では、明るい色合いのものではなく、落ち着いた「紫」「紺色」「灰色」なども失礼にあたらないとされているようです。風呂敷の色柄選びがご心配な方は、ショップなどでのご購入の際に、「弔事(ちょうじ)」用であるということでご相談されるのが良いでしょう。お葬式などのお悔やみ事の場では、大切な役割を果たすものですからくれぐれも相手の気持ちを逆なでしないよう風呂敷の色柄選びにも心ある配慮をもちたいものです。

「Cipesur OPP袋など食品包装のココがスゴイ!」サイトトップへ